夜の漁港でジグサビキ釣り!常夜灯の下からキャスティングして良型のアジが釣れました!!


オイラは夜によくビールを飲みます
でも飲まない日もあります
いわゆる“休肝日”ってやつです

そんなアルコールを飲まない… 
“休肝日” に… 風がパタっと止むと… 
釣りに行きたくてウズウズしてきます( ̄◇ ̄;)ウズウズ

そんな夜はもちろん・・・釣りにいきます。 (笑)

Sponsored Link

当日は“休肝日” でした…
っというわけで… 夜の漁港へGO!です

思いつきで釣りに行けるのは
海の近くに住んでいる釣り人の特権ですね (笑) (^◇^;)



ターゲットは… イカ ムツ アジ メバル 等々…です

この場合タックルはオイラの手持ちでは…
「エギング用」 か 「アジ・メバル用」 になるのですが

思いつきで釣りをする上にターゲットが定まっていないので
大は小を兼ねる!っと思い…「エギング用」 のタックルを持って出発しました

夜の漁港のお散歩フィッシングです! (^◇^;)


夜の漁港に着くと…常夜灯の下にはすでに3人の釣り人がいました
釣方はアオリイカ(ミズイカ)を狙っての
「ウキを使った活きアジの泳がせ釣り」をされていました

先行者さんにご挨拶して… お話を聞くと
スルメイカ(マツイカ)がたくさん釣れているとのことでした

ここで悩んだのですが…エギングでイカを狙っても
活きアジの泳がせ釣りに勝てる確率は低いな~っ!っと思ったのと
先行者の方々が常夜灯周り10m圏内で集中して釣りをしていたので
常夜灯より少し遠く50m圏内を邪魔にならない箇所から狙える釣りをしようと判断し

エギングタックルにジグサビキの仕掛けを付けて
遠投でのジグサビキでアジやムツなどを狙うことにしました!

Sponsored Link

サビキ仕掛けを針3本分にカットして
オモリの変わりに小さめのメタルジグの12gをセットします

狙う層は…まずキャストして最初は表層から始めます
その後はカウント秒数を5…10…15秒…っと少しづつ増やし
着低までは30秒かかりました

キャストすると50mくらいは飛びますので
その後狙いの層からリールを巻くだけでは足元の海底は探れませんので
途中でまたジグを落として魚がヒットする層を探ります

立ち座から左右に移動することは避け
とにかく魚信がある層を探します

すると…

(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄クン ! クン クン !!  ̄~ >゚))))彡

ヒットです!

クン! クンクンっ! っと小気味良い引きがロッドに伝わります

20cmのアジが釣れました~っ!
150224aji_kas01

その後は…

22cmのアジが釣れました~っ!
150224aji_kas02

その後もう1匹追加の… 結果は3匹だけでした (^◇^;)



当日のヒットパターンは… オイラの立ち座から15mくらい…

けっこう足元で底を取った後は
リールを軽く2~3回巻いたらストップしてフォール…
そのフォール中にヒットが限定されてました
そんなパターンで釣れてくれたのですが…

この3匹以外にも2~3回バラシがあったりしたのですが…
3匹が釣れたところでピタリとアタリが遠のき… 納竿としました

150224aji_kas03


実釣1時間くらいでしたが…
ヒットパターンを見つけるのにほぼ時間を費やし

釣れてた時間は4~5分といったところでしょうか


今度は最初からアジを狙って釣行してみようかな!?
ワームなども織り交ぜるとまた違った結果になるかもしれませんね! (^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0