地磯のロックフィッシュ釣りでアカハタ!近距離ワームと遠距離ジグとで2本のタックルを準備しました!!

釣りの中には、
2本以上の竿を出す釣りがありますね!

  • キスやカレイの投げ釣りなどで 遠・中・近 を分ける
  • イカや大型魚泳がせ釣りなどで ウキ下のタナを変えておく
  • ウナギ釣りなどで広いポイントに数本出す

等の釣方が思い浮かびますが、こうして並べて見てみると、
“待ちの釣り”が多い事に気が付きます。



オイラが大好きなルアーフィッシングは“攻めの釣り”です。

投げる ⇔ 巻く
と、一連の動作があるので、使うロッドは1本です。


でも、同じ場所で同じ対象魚でも、
違う仕掛け(ルアー)を使いたいので、

  • 長さが違うロッド
  • サイズが違うリール
  • 太さが違うライン

攻略方法を分ける為に、もう1本のタックルを準備して、
ルアーフィッシングでも2本のタックルを準備したい!
そう思う事は少なくありません。



今回の釣行は、山道を30分歩いて行くような、地磯のポイントでしたが、
頑張って、2本のタックルを持っていきました。( ̄◇ ̄;)ガンバリマシタ


Sponsored Link

寒い時期の根魚釣りに行きました


今回は、根魚狙いで地磯にルアー釣りに行ってきました。
今風に言えば、地磯のロックフィッシュ釣行です!



3月は初春jかもしれませんが、
現実の海ではほぼ冬です。

冬の根魚釣りはハイシーズンではありません。

船釣りの方などは「根魚なんて年中釣れるよ!」と言う人もいますが、
ショアからの根魚釣りはやはり、温かい時期が釣れると思います。

それでも、根魚を釣りたい理由は、
オイラが食べたいからです。(笑)

そんな無理を承知の釣行なんです。(^◇^;)


近距離用と遠距離用の2本のタックル


今回地磯から根魚を狙うにあたって、

  • 近距離用
  • 遠距離用

今回は2本のタックルを準備しました。

150301tackl_tam01


  • 近距離用
    <ロッド>メジャークラフト  KGエボリューション KGS1002M
    <リール>シマノ  バイオマスター C5000
  • 遠距離用
    <ロッド>シマノ  コルトスナイパー S1000MH
    <リール>PENN  スピンフィッシャー 5500SSJ


近距離用では軽めの仕掛けでワームを使用します、
遠距離用ではジグを投げます。

ワームの方が釣れると思うのですが探れる範囲が限られる、
ジグは食いが落ちるのですが広範囲を探ることが出来るんです。

根魚のハイシーズンではない今の時期、
数釣りが出来ないだろうな~っと予想をして、
2つのタックルで釣果の確率を上げようというのが狙いです。


まずは近距離用タックルでワームをキャストします


磯でタックルを組み立てたら…
まずはワームをキャスト!

(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~≪≫∋

地磯の深い海の底までワームを沈ませます
   ↓
ラインの放出が止まり…ワームで底を取ったら…
   ↓
軽めのジャークで…チョンっチョンっ!っとボトムを跳ねさせます
   ↓
ラインにテンションを掛けながらフォールさせます

すると… ラインに生命感が伝わります!

(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄ゴゴゴンっ!  ̄~ >゚))))彡

良型のアカハタ(アカジョ)が釣れました~っ!
150301akahata_tam01


釣り始めから4~5投めで釣れました
でも…いつのまにか釣れてたって感じでした

ワームの仕掛けに付けたオモリは3号(11g前後)です
本当はもっと軽くしたいのですが結構深いポイントでしたし
少しでもキャストして広く探りたかったので3号から始めました

しかし…3号は地磯ではまだまだ軽いです
思うほどは遠くに飛びませんので…

3号から始めて5号までオモリを重くして
キャストの範囲を広げましたが釣果は続きませんでした

Sponsored Link

ワームで釣果が伸びないので遠距離タックルで広く探ります


そんな時の為に…
上記したように今回はショアジギングのタックルも持ってきています

いつも青物狙いの釣行で使うタックルですが…
今回は根魚狙いです!

ジグを投げたらとにかく着低させ…
   ↓
グリグリっと4~5回巻いてジグを泳がせたら
   ↓
また着低…
   ↓
4~5回底を叩いたら回収


そんなパターンで投げ続けました! すると…

(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄ゴゴゴンっ!  ̄~ >゚))))彡

キャスト後…最初のリーリングで喰ってました!
アタリには気が付きませんでした

同じくらいのサイズのアカハタ(アカジョ)が釣れました
150301akahata_tam02

この2匹以降はアタリも無く…
やがて納竿の時間を向かえ当日の釣りはここで終了でした

釣行後は… 
磯の潮溜まりで魚をさばきます
ウロコや内臓やエラを取ってから磯を後にしました

帰宅後の写真です

2匹とも35cm弱くらいの良型のアカハタ(アカジョ)でした
150301akahata_tam03

磯であらかた下処理は済ませてきましたのでこんな写真です
お魚からもう食材へ…って感じですね(^◇^;)


海水温度が低い今の時期は活性が低いかアタリは小さかったです


昨年も数回地磯での根魚釣りをしました
その時…地磯での根魚釣りでアカハタ(アカジョ)が釣れる時は…
もっとガツガツっとアタリも大きかったように記憶していますが

今回は2匹ともいつのまにか釣れてた…って感じでした
やはり海水温度が低い今の時期は活性が低いのでしょうかね~っ!?

でもなんとか…
2匹のアカハタ(アカジョ)が釣れてくれたのでよかったです!! (^◇^ゞ


Sponsored Link


ちょっと昔の釣行記です
以前の3月はオイラは何を釣っていたのでしょうか?
2014/03   2013/03   2012/03   2011/03   2010/03   2009/03


いつも当ブログを読んでくださりありがとうございます \( ̄◇ ̄;)アリガトー
管理人テツロウ


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0