ロープギャフを自作しています!足場が高い防波堤でのエギング等のイカ釣りの便利グッズです!!


今回はオイラの手作りの釣り道具の話です。

イカ釣りで使うものなのですが…、
必要の無い人には不要のものですが。

「これが欲しかった!」っていう人も要るとくらいに、
コレが便利な人がいる道具なのですよ!

ではご覧下さい! ( ̄◇ ̄;)ゴランクダサイ

Sponsored Link

ロープギャフを手作りしよう


今回ご紹介するオイラの手作り釣り道具は、
ロープギャフです。


イカを釣ったら…、
取り込みの時は玉網やギャフを使用すると思います。

でも玉網にせよギャフにせよ長さに限界があります…。

場所によっては足場から海まで高低差がありすぎて、
釣りを諦めなければならないポイントもあります。



五島列島のオイラが釣りに行く防波堤には
足場が水面から10mはあるんじゃないか!?っというような
とってもデッカイ防波堤が幾つかあります

そんなデッカイ防波堤で抜き上げられないようなイカが釣れたら…
どんなに玉網の竿が長くてもとても届きません!


そこで… 以前にこんなものを作りました!!
手作りのロープギャフです

手作りロープギャフ

ボラ掛け針に小田原型オモリ(10号)を半田付けしたものです
そしてロープは“水糸”です

水糸とは大工さん達が使うとっても丈夫な糸です
タコ糸くらいの太さで素材はナイロンです


イカが釣れたらこのロープギャフを“スルルル~っ!”っと垂らして…
イカに引っ掛けてグイグイっと持ち上げて取り込み出来ます


このロープギャフでどんな場所でもどんなサイズのイカでも取り込めます!


Sponsored Link

ロープギャフの欠点


ただし…
このロープギャフには欠点がありました。

これ…
一人で釣ってる時は取り込みがかなり難しいです。

たぶん…
一人では使えないと思います
(オイラはまだ一人では使ったこと無いです)


ロッドの先から10mも下まで伸びたPEラインの先に付いたイカを誘導しながら、
ロープギャフを操作しながら獲物を引っ掛けるわけですから。

風や波で防波堤の壁に引っかかってしまう等…
1人で取り込もうと思ったらかなりの慣れが必要になると思います。


そこでもう一手間かけます!
用意するのは、

  • 穂先が折れてしまった安物「ロッド」
  • 使ってない安物「リール」
  • そのリールに巻く「水糸」

これらで1つのタックルを作り、
水糸のラインにロープギャフ結んで使います。


150322gyaff01

これで2~3mでも防波堤の壁より前に出し、
ギャフの針を下に落として取り込み出来ます!


ロープギャフの欠点を補えました!


ロープギャフの使い方のコツ


このロープギャフの使い方のコツですが…。

先に取り込みを想定して以下の準備をしておきましょう。

  • 取り込み位置を確認しておく。
  • ラインを水面まで出しておく。
  • ギャフを垂らしたロープギャフのタックルを足元に置いておく。

これらの準備をしておく事で、
取り込みがグンと楽になりますよ。

取り込みを想定して…
あらかじめ海面までギャフを垂らして長さを測っておき、
釣り座に構えておく事で使いやすくなります。


150322gyaff02

今回のロープギャフのネタは…
必要の無い人にはまったく必要ないでしょう。

でもオイラのように足場の高いポイントで釣りが出来ず、
困っていた釣り人は少なくないと思います。

ロープギャフを使うことで… 足場の高さに悩んでいた、
釣り人の悩みは解消されると思います!


ちょっと特殊ですがコレいいでしょ!? b( ̄◇ ̄;)


こんなこともありました


他に便利な使い方をご紹介します。

この組み合わせだとギャフ針を多少ですが、
キャスティングする事が出来ます。

そのお陰で、以前風に飛ばされた帽子を、
このボラ掛け針を投げて改修することが出来ました。
 (笑)

ボラ掛け針は本来の目的も投げて使うものです、
10号オモリを付けているのでけっこう飛びます。


しかし注意も必要です!

針が「大きく」て「鋭い」ので…、
エギやルアー以上に周りに誰か居ないか?
十分に注意が必要です。



ロープギャフのまとめ


ロープギャフの話は…、
いかがでしたでしょうか?

今回の話をまとめると…。

  • ボラ掛け針とオモリでギャフを手作りできる。
  • ロープギャフで足場の高い場所でも、
    イカを取り込める。
  • ロープギャフは便利だけども、
    ロープだけだと取り込みは意外と難しい。
  • ロープギャフとタックルを組み合わせる事で、
    取り込みやすくなる。
  • キャスティングで帽子を拾える。(笑)

といったところでしょうか?

もし気になった方がいらっしゃいましたら、
是非ロープギャフにチャレンジして下さい。

欠点があるので絶対の自信はありませんが…
“そこそこ便利” な感じをオイラは気にいっています!

貴方の釣行パターンに合えば、
戦力になる事間違いなし!
ですよ。 (^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “ロープギャフを自作しています!足場が高い防波堤でのエギング等のイカ釣りの便利グッズです!!”

  1. あんち より:

    テツロウさん

    大変ご無沙汰しております。

    相変わらず発想豊かで関心してます。


    自分も昔、ロープの先にギャフをつけて持っていっておりましたが、
    おっしゃる通り、非常に扱いにくく、結局は「取り込みにくい場所は避ける」になっておりました。


    ですが、この記事を見て

    関心するばかりです。

    今度自分もやってみようと思います。。。 


    クロ釣りもシーズン末期ですが、烏賊シーズン到来です。

    ギャフを使いまくる釣りを頑張りますよ~

    • テツロウ テツロウ より:

      あんちさん

      他のHP見ててもロープギャフまでは多くの方が考えますが
      ここまでする人は少ないと思いますよ
      私もこのアイデアには自信がありました!

      でも… 物がみすぼらしいので… ちょっと恥ずかしいです(笑) (^◇^ゞ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0