手作りハンドメイドルアーを作りました!製作過程を写真とイラストでご紹介!!出来栄えは!…ご愛嬌です(笑)┐( ̄◇ ̄;)┌


オイラはお金持ちではないですが…
釣具を買うお金が無いわけではありません。

でも釣り具を高いな~っと思う気持ちは確かにあります。

そこで… 今回は作ってみました!
ルアーを! ( ̄◇ ̄;)テヅクリルアー

Sponsored Link

ハンドメイドルアーにチャレンジ


五島列島でルアーフィッシングを中心に釣りをしているオイラですが、
ルアーフィッシングをしていて常々考える事があります。

ルアーって、
作れるとじゃぁ~なかとかな?
  ( ̄◇ ̄;)? —☆

っと言う分けで… ついに… とうとう…
手を出してしまいました。(笑)

手作り,ハンドメイド,ルアー
(1mmのワイヤーを曲げて作ったルアーの骨組みです)

ルアーを手作りします! ( ̄◇ ̄;)ガンバリマス

ハンドメイドルアーにチャレンジします!!


今回の製作では「ポッパー」を作ります!

目標は、自作ルアーでお魚を釣ることです。

そして、釣ったルアーを手に取り、眺めながら・・・
釣り上げたお魚のお刺身を食べる事です!



ちなみに、これがオイラが日頃使っているポッパーです。

ポッパー
上から
  • タックルハウス「リップルポッパー」140mm 40g
  • シマノ「ポッピングベイト」125mm 30g
  • タックルハウス「フィードポッパー」100mm 22g

写真のように先にカップが付いていて、
ルアーを引くと、このカップが水を受けて「パシャパシャ」っと音を立てます。

ポッパー,マウスカップ
こうして、メーカー品の美しい商品を眺めていると・・・
さっそく自信が無くなってきました。(笑)┐( ̄◇ ̄;)┌



ハンドメイドルアー(手作りルアー)の製作にあたり、
材料はそこら辺にあるもの(売ってるもの)で作るつもりです。

どうしても必要なものは既製品などを使います。

特別に設備を揃えるつもりはありませんので、
普通に家にありそうな工具で作っていきます。

「釣りバカの暇つぶし」っと思ってお付き合い下さい。\(ー◇ー;)m


ルアーの設計図を書いたら… さっそく作成してみます


まず、本当は最初に紹介すべきでしたが、
これが今回のポッパーの設計図です。

手作り,ハンドメイド,ルアー
ワイヤーで作った骨組みに、 “浮力材=ボディ” を組み合わせます。

選んだ材料は、近所の100円均一「ダイソー」で買ってきた、
断面が丸くて(直径3cmくらい)長さが45cmくらいの円柱の木材です。

だいたいの感覚ですが出来上がりのサイズは、
  • 長さ12~14cm
  • 重さ40~50g
っと考えています。


その丸材をノコギリで14cmにカットして、
出来あがりのイメージに少し近づけるように彫刻刀で荒削りします。

更にノコギリで縦に半分に切り、
最初に作ったワイヤーが通るように彫刻刀で溝を掘ります。

ポッパーの形に削ります
多少ゆがんだり…間違えて彫ったりしてますが、
気にしません。(笑) ( ̄◇ ̄;)ゴアイキョー


その溝に先に紹介した、
“ワイヤー” と “オモリ” をセットします。

手作り,ハンドメイド,ルアー
「ラインを結ぶ所」と「フックを付ける所」の ”3つのアイ” の部分には、
細い針金をグルグル巻きして強化しました。

オモリは以前岩にぶつけて壊してしまったルアーに内蔵されていた、
タングステンのオモリを再利用します。



上の写真の2つの木のパーツを、
瞬間接着剤で張り合わせました。
手作り,ハンドメイド,ルアー
ちなみにこの時点で総重量は55gぐらいです。

フックを付けた時点で、50gを切るくらいまで
軽量化したいと思ったので、

もっと細く削り重量を調整するために、
彫刻刀で全体的にシャープなボディに削ります。



同じく彫刻刀で、マウスカップを適当に彫っています。
手作り,ハンドメイド,ルアー

サンドペーパーをかけて刀跡を消し滑らかにします、
多少の凹凸は気にしません。
手作り,ハンドメイド,ルアー
ここまでくれば…9割ルアーです


Sponsored Link

ココからは“色塗り”です。

マニキュアでお腹側の色を塗り、背中側はスプレーで塗り、
ルアーの目は高輝度反射シールを貼りました。

更にその上から、マニキュアのトップコートを
4~5回重ね塗りして完成としました。

とにかく1回1回、きちんと乾かす事を丁寧に行いました。

塗装の作業時間は1回5分くらいと短いですが、
乾燥させる為に次の作業は翌日…っという具合でした。

意外と出来上がりまで時間が掛かりました。

そんな色塗りもついに終えて…
手作りハンドメイドルアーのポッパーが完成しました!(^^)
手作り,ハンドメイド,ルアー
長さ130mm 重さ45g です
後方重心のぶっ飛びポッパーになっています!

仕上がりは塗装を含め、いろんな部分が雑ですが、
細かい事を気にしても、修正する能力はありませんので・・・

これで完成とします!


製作途中に、何度もバケツに浮かべてチェックしましたが…
浮き姿勢の角度は60度くらいです。

見本であるフィードポッパーというルアーと比べて、
同じくらいの浮き姿勢に調整出来ました。
製作途中の浮き姿勢チェック
こんなルアーですが…とりあえず始めて作ったルアーですので、
オイラは…「達成感」 「充実感」 に浸ってウットリしています。( ̄◇ ̄;)ウットリ



このルアーを作る前にうっかり考えてなかったのですが、
お腹側のフックがラインを結ぶ “アイ” や水を咬む “カップ” に
引っ掛からないか心配していましたが・・・
手作り,ハンドメイド,ルアー
ラッキーなことにほど良い距離で出来上がりました。(笑)



手作りルアーのポッパーの金額はいくらで出来たのか?


さて今回のルアー製作にあたり…
コレがいくらで出来たのか?を計算してみました



  • ≪中のワイヤー(1mm)≫
    30円分 (10本で300円のワイヤーの1本分)
  • ≪外側の木≫
    25円分 (100円の丸棒の1/4分)
  • ≪中のオモリ≫
    0円 (廃品利用)
  • ≪塗料のマニキュアとマニキュアのトップコート≫
    50円分 (以前100円で買ってたものの残りで足りた)
  • ≪塗料のスプレー≫
    100円 (今回製作する為に買った ほんの少ししか使わなかった…)
  • ≪ルアーの目 の高輝度反射シール≫
    友達に建設現場でゴミになる端切れを拾ってきてもらった(笑)
  • ≪工具≫ はほぼ家にあったものを使いました
    ノコギリ、彫刻刀、先が細いペンチ、ハサミ、カッターナイフ等
  • ≪サンドペーパー≫
    10円分 (40円で買って1/4くらいしか使ってません)

ざっとですがこんな感じです。

ここまでで…250円くらい、
といったところでしょうか?

それにプラスして…
  • ≪フック≫
    200円分 (コレばかりは既製品を使います)


以上ですので 合計で…
費用は450円くらいといったところでした

コレに作業時間などを考えると…
やはり買った方が安いな~っという結論に至ります(笑)

でも手作りのハンドメイドルアーでもしお魚が釣れたら…
そのお魚はプライスレスですよね!


最後に…
オイラの持っているポッパーと並べて写真を撮ってみました^◇^;
手作り,ハンドメイド,ルアー

既製品の美しさにはやはり敵いません。(笑)

でも、とても味のあるルアーが完成してくれました!

あとは…海にいって投げるだけです!  (^◇^ゞ


PS… まだ失くさずにこのルアーを持っています。

手作り,ハンドメイド,ルアー
以前の釣行では青物が1回ヒットしました!

足元まで引っ張ってきて…魚体を見るまで上がったのですが…
海面に上げたところで暴れて…バレました。(笑)

いつかこのルアーで獲物を釣り上げたいものです!


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “手作りハンドメイドルアーを作りました!製作過程を写真とイラストでご紹介!!出来栄えは!…ご愛嬌です(笑)┐( ̄◇ ̄;)┌”

  1. こーべー より:

    テツロウさん

    はじめまして。

    記事いつも楽しく見せて頂いていました。

    私も大好きなポッピングベイトの画像があったんで
    うれしくて思わずコメント書いています。

    良いポッパーですよね。再販してほしいものです。

    五島には時々遊びに行っています。
    釣り場でもしお会いできたら色々お話出来たら嬉い
    ですね。

    • テツロウ テツロウ より:

      こーべーさん

      始めまして! ようこそ当ブログへ!
      管理人のテツロウです
      いつも見て下さりありがとうございます

      >私も大好きなポッピングベイトの画像が…

      この記事は前のブログの書き直しでして…
      2年くらい前の写真ですがまだポッピングベイトは使用してますよ!
      本当に… 良いルアーですね!

      このルアーが好きだということは…
      私と同じような釣りをされているのでしょうか?

      五島にも来られてるのですね!
      どこかでお会いしているかも…ですね(^◇^;)

      こんなブログですが…
      またお暇な時にでも見てやって下さいね! (^◇^ゞ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0