マダイ(真鯛)の仲間の見分け方を紹介します!似てる順番に並べると凄く似ていますが…1周すると似てません!!


日本人がみんな大好きなマダイ(真鯛)!

お魚の大様と言えば、
マダイ(真鯛)を上げる方は少なくないと思います。

150526taika07

マダイ(真鯛)の学術上の分類は、
スズキ目 タイ科 マダイ属 「マダイ」 です。

でも皆様ご存知の通り、
日本には ●●●タイ っと名の付くお魚がたくさんいます。



タイ科と同じスズキ亜目では、
アマダイ、キントキダイ、イシダイなどがいますが、
いずれも マダイ(真鯛)の仲間ではありません。



キンメダイ、アコウダイ、マトウダイなどは…
もう “目” のレベルで別のお魚です。

もちろん マダイ(真鯛)の仲間ではありません。



じゃぁ・・・
タイ(鯛)の本当の仲間は何なのか?



今回はそんなマダイ(真鯛)やその仲間の、
「見分け方」を記事にしました。

あなたが釣れた時の、目安になってくれると嬉しいと思って、
オイラの釣ったお魚を中心にご紹介してみようと思います。( ̄◇ ̄;)メデタイヨ~


Sponsored Link


タイ科のお魚…いつの間にか4種釣っていました

我が家はルアーフィッシングを中心に釣りをしています。

すると、たま~にですが、
マダイ(真鯛)や、その仲間が釣れます。

数年間の、
“たま~に釣れてくれたマダイ(真鯛)やその仲間”たちを、
数えてみたら、いつの間にか4種になっていました。

  • マダイ(真鯛)
  • ヘダイ 別名シロダイ
  • クロダイ 別名チヌ
  • キチヌ 別名キビレ
です。

どの “タイ(鯛)” も釣れたら…、
めっちゃ嬉しいですよ。



タイ科のお魚…似ている順番に並べてみました

そんなタイ科のお魚

キダイ → チダイ → マダイ → ヘダイ → キビレ → クロダイ

の順に紹介したいと思います

この順番にしたのは… 
オイラが似ている順番だと思ったからです。(笑)

隣接する魚種は、とっても似ていますので、
お楽しみいただけると思いますよ。



キダイとチダイは、ネットでの拾い物の写真ですが、
マダイからクロダイの写真は我が家の釣果写真です。


では以下・・・
写真を並べて紹介いたします!




スズキ目 タイ科 キダイ属 「キダイ」(レンコダイ)

150526taika06
オイラは、レンコダイが本名と思っていました。

「キダイ」の別名がレンコダイなのです。


キダイは「黄鯛」と書きますので… 少し黄色掛かった色が特徴になります。


  ↑
 似てる
  ↓ 
 


スズキ目 タイ科 チダイ属 「チダイ」

150526taika05
特徴は

  • エラぶたの後ろが、
    筋状に赤く血がにじんだように見えます
  • 尾ビレのいちばん後ろ側の縁が、黒く縁取りされていません
  • 尾ビレは、薄い赤色で一色だけです
  • 大型になるとおでこが目立って隆起します(でこっぱちになる)
となります。

オイラは釣った事がないので、
あまり偉そうなことは言えませんが・・・。(笑)(^◇^;)


  ↑
 似てる
  ↓ 
 

スズキ目 タイ科 マダイ属 「マダイ」真鯛

150526taika01
言わずと知れたマダイ(真鯛)です!

鮮やかな紅色で赤っぽい体色は、
日本人なら誰もが知っているお魚のひとつですね。

  • 腹面は淡くて体側には、
    コバルト色の小さな斑点が散在している
  • 若魚は濃赤色の横帯が5本ほど見えるが、
    成魚になると消えてしまう
  • チダイとよく似ているが、
    マダイの尾ビレには後縁が黒く縁取られている


  ↑
 似てる
  ↓ 
 

スズキ目 タイ科 ヘダイ属 「ヘダイ」(シロダイ)

150526taika02

特徴は、

  • 体側は銀白色の体色
  • 黄色の点々が、鱗の列に沿って並んで、
    縦縞のような模様になっている

ヘダイ(シロダイ)小魚や甲殻類などの、
動物質を食べるお魚です。

海底を頭で掘って貝類やゴカイ類なども食べるので、
投げ釣りでよくゲスト魚として釣れますね!



  ↑
 似てる
  ↓ 
 

スズキ目 タイ科 クロダイ属 「キチヌ」(キビレ)

150526taika04

キチヌの別名はキビレと呼ばれています。

  • 胸ビレ
  • 腹ビレ
  • 尻ビレ
  • 尾ビレ

等の下部が黄色い色をしていることが、
その名前の由来だと分かりますね。


  ↑
 似てる
  ↓ 
 

スズキ目 タイ科 クロダイ属 「クロダイ」(チヌ)

150526taika03

  • 体色は全体に黒っぽく見え 腹側は白い
  • 体にはうっすらと7~8本程の暗色の横帯が入るが、
    大きくなるとその帯ははっきりしなくなる
  • 各ヒレは暗灰色…ほぼ黒い



以上見分け方でした。

写真で並べてみると、
よく見分けが付きますね!

でも、釣った直後など現場で見ると、
一瞬・・・何のお魚か分からない事もあります。

特徴を捕らえて覚えておくと、
分かりやすいですね!




ここまでのように、
似てる順番に並べると凄く似ています。

でも、ちなみに・・・キダイとクロダイは・・・
150526taika08

1周すると似てませんね!(笑)



それ以外のタイ科の魚


今回は紹介を割愛しましたが、
他のタイ科のお魚は、

  • タイワンダイ
  • ヒレコダイ
  • アカレンコ
  • キビレアカレンコ
等がいます。

我々釣人には少しなじみが薄い・・・
あまり聞いたことが無い魚ですね。



鯛にまつわるお話は尽きません

鯛にまつわる、いろんなお話です。

案外、「なるほど!」と思うものばかりですよ。


ひらたいお魚

タイ(鯛)の語源は「タイラウヲ(平魚)」の、
ひらたいお魚」から来ているそうです。



めでたいお魚

また、七福神の「恵比寿(えびす)様」が釣るので、
目出度い(めで「たい」)」の意味もあるそうです。



あやかりたいお魚

タイ科以外の魚でも、
  • 扁平
  • 大型
  • 赤っぽい
  • 白身

等々の特徴を持つ魚には、
「●●●ダイ」と和名が付いていることが多いです。

そんなお魚たちは、
あやかり鯛」っと揶揄されているんですよ。(笑)


以上のように…
鯛にまつわるお話は尽きませんね(笑)



最後に

日本人が愛して止まない “タイ(鯛)”

なかなか釣れませんが、
“たま~に釣れてくれたマダイ(真鯛)やその仲間”
やはり嬉しいお魚です。

また釣れるように、
頑張って釣りに行きたいと思います! (^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “マダイ(真鯛)の仲間の見分け方を紹介します!似てる順番に並べると凄く似ていますが…1周すると似てません!!”

  1. 鯛の天ぷらは美味い! より:

    楽しい記事をありがとうございます。
    ちょいと気になってしまったので…
    『鯛にまつわるお話は付きません』

    『鯛にまつわるお話は尽きません』
    でしょうか?
    日本語は難しいですが、できるだけ正確にして頂けると気持ちがいいですし、嬉しいです。

    • テツロウ テツロウ より:

      鯛の天ぷらは美味い!さん

      はじめまして、
      ようこそ、「釣りブログ!テツロウの五島フィッシング!!」へ(^^)
      当ブログ管理人のテツロウです。

      気に入っていただいたようで、
      何よりです!

      文章の正解は「尽きません」ですね!
      ご指摘ありがとうございます(;^ω^A 今直しました。

      たまたま今日、記事を書いて、
      その中のネタにもしていますが、
      パソコンの文字変換は便利な反面、こうしたミスが増えますね。(笑)

      文章の正誤には注意を払っていますが、
      すぐに間違えてしまいますね。

      またお暇な時にでもコメントして下さいね~。(^◇^ゞ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0