アシストフックを自作する超簡単な方法とは?2つのメリットがある!


「アシストフックを自分で作ってみたい!」

そう思ったものの、実際に作ったことがある人って、
あんがい少ないと思います。

なぜなら・・・きちんと作ろうと思うと、
かなり面倒くさいからです。



オイラもやってみようと思い、
いろいろ調べてみたのですが、

ニードル等の専用の器具を使って、
糸の中に更に糸を通して・・・

少し読んだだけで、とっても難しそうに感じて、
すぐに脱落してしまったんです。(笑)

あなたも一緒なのではありませんか? ( ̄◇ ̄;)ムズカシソウデスヨネ


でもオイラの少ない知識を集結して、
なんとか出来た我流のアシストフック作り方法は、
専用の道具はいらない上に、めっちゃ簡単と、
と良いことずくめだったんです。

しかも、嬉しいことに、

  • 金額が安い
  • 好きなサイズに作れる

と、2つの大きなメリットがありました。


今回はオイラの我流ですが、
「超簡単なアシストフックの作成方法」
をお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


アシストフックの作成方法をご紹介します

オイラはショアジギングで青物などを狙う時には、
メタルジグで釣りをするので…アシストフックを使います。

その時にメタルジグに装着するアシストフックですが、
オイラは針と専用のラインを買ってきて自作しているんですよ。

そのアシストフックの作成方法を、
ご紹介させていただきます!



準備する道具

まずはオイラの使用している道具を紹介します。

オイラの使用している道具はこれ



■オーナー(OWNER) パワーフレックス PF−02 90lb ピンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーナー針 パワーフレックス 90lb ピンク PF-02
価格:607円(税込、送料別) (2017/6/5時点)




■がまかつ(Gamakatsu) チヌ鈎 12号 白


■TEN MOUTH/テンマウス WELTED SOLID RING/溶接リング
(今回はサイズ4を使用)


以上の釣具に プラスして…

  • PEライン0.8号(使い古しの廃品を流用)
  • 瞬間接着剤(100円ショップのもの)
  • 3mmの伸縮チューブ

  • を使用しています



    アシストフックを作ろう!


    では早速アシストフックを作ってみましょう!
    びっくりするほど簡単なので、気軽に読んで下さい。



    まずフックの結び目にあたる部分に、
    瞬間接着剤を塗り、その上にPEラインを巻き付けます。

    フックにPEラインを巻き付けます

    瞬間接着剤が乾く必要はないので、
    すぐに次の工程に進みます。



    その巻いたPEラインの上にアシストラインを乗せて、
    “ギュっ”と強く巻きます。

    その上にアシストラインを乗せて“ギュっ”と強く巻きます


    イメージをイラストにしてみると、
    こんな感じです。

    アシストフック結び方のイメージ


    太いアシストラインを、PEラインで閉めこみ、
    瞬間接着剤で固定するという方法です。


    「こんな方法ですっぽ抜けないの?」
    と最初はオイラも心配しながら作りました。

    でも、コレがすっぽ抜けるなら・・・
    「オイラのタックルの、PEラインとリーダーを結んでいるFGノットは、
    もっとすっぽ抜けるだろうな~」という結論に至り、
    現在この形で作成しています。


    念のために、
    その上から更にもう2~3往復巻きます。

    もう2~3往復巻きます

    これくらい巻いたら、
    瞬間接着剤を上から軽く塗って終了です。

    ちなみにPEラインは結びすらせず、
    接着剤で固めるのみにしています。
    (解けたことはありません)



    後は、魚の口などと結び目が擦れるのを防止する為に、
    上から伸縮チューブをかぶせます。

    擦れるのを防止する為に上から伸縮チューブをかぶせます
    針側はこれで終了です。



    反対側はこの溶接リングに、
    ループノットで結ぶだけにしています。

    反対側はループノットで結びます


    ジャジャジャ~んっ!

    これで完成です
    これで完成です!! \( ̄◇ ̄;)/ バンザ~イ!!



    自作アシストフックの値段(単価)

    今回の自作アシストフックは、
    作るのが簡単な上に、とっても安く作ることが出来ます。

    その値段(単価)を算出してみました。

    使う道具 数量 金額
    1本 15円
    アシストライン 15cm 20円
    リング 1個 20円
    伸縮チューブ 3cm 5円

    なんと、1本の単価は、
    60円で作ることが出来ました。

    他の道具に関しても、
    瞬間接着剤は100円前後の安物で、
    何百本と作れる量だし、
    PEラインに関しては廃品利用です。

    「自作アシストフックはかなり安く作れる」
    これが、第一のメリットです。




    アシストフックを自作する本当のメリット

    初めて作ったときは、簡単で安く出来る方法を見つけたので、
    とっても嬉しかったのを覚えています。

    調子にのって、かなりの数を量産しましたからね。(笑)



    でもたくさん作るうちに、途中で針が足りなくなり、
    道具箱の奥に隠れていた、使ってない針なども使い始めました。

    すると、アシストフックのサイズが、
    不揃いになってきたんです。

    釣りに行く前は、
    「針のサイズが不揃いで、なんだか不恰好だな~」と思っていましたが、
    実際に釣りをしてみると利点があることに気が付きました。

    たくさん作りすぎて、
    余った針を使ったことによる偶然から起きたことですが、

    でも、ショアジギングでの釣行を重ねるごとに、
    使用するジグに合わせて、

    • 針のサイズ
    • ラインの長さ

    を変えることで、釣りがしやすくなると気付き、
    さらに狙う魚によっても、変えるようになりました。


    「自作アシストフックは、
    メタルジグや対象魚に合わせたサイズで作れる」
    これが、第2のメリットです。



    今では、釣行の前夜は、
    「明日はあのメタルジグを持っていき、
    あの魚を狙うから、このアシストフックを使おう」と、
    マッチングにまで気を使うようになりましたよ。

    アシストフックを自作すると、値段が安いこともですが、
    自分の釣りの幅が広くなる・・・
    これこそが、本当のメリットだと言えますね!




    このフックですでにお魚は釣れています!

    このフックですでにお魚は釣れています!
    オイラが釣った一番大きなお魚はこれ、

    こちらをご覧ください\(ー◇ー;)m
    日帰り離島遠征釣行記①「こっちのほうが嬉しいかもです」


    4.5kgのマダイです! ( ̄◇ ̄;)ジマンノ チョウカデス

    一般的に見ても、
    かなりの大物だと思います。



    他に釣れた魚を紹介すると、
    3kg前後のお魚では、「ヤズ(ブリの若魚)」「ヒラスズキ」
    を釣っていますし、
    もう少し小型なら「ハタ系(50cmクラス)」「カサゴ(30cm)」が釣れています。



    最後に

    最近はメーカーが販売している“出来上がった商品”も、
    日進月歩ラインナップは広く値段は安くなってきてますね!

    五島列島は福江島のような田舎の釣具店にも、
    イロイロとラインナップされるくらいに、
    アシストフックは当たり前の様に並んでいます。


    でも決して安い買い物ではありません!


    特にオイラのような、
    「釣りには何でもかんでも手を出してますアングラー」
    には尚更です。(^◇^;)



    このフックを40~60gのメタルジグを中心に、
    サイズを合わせて使用しています。


    80gの大型メタルジグ用に、
    ダブルラインで大物対応のアシストフックの作り方はこちらです。
    自作アシストフックをダブルラインで大物仕様に!ジグの大型化に簡単に対応出来る!


    とりあえず、今回も10個くらい作りましたので、
    このアシストフックを使用してお魚をガンガン釣りたいと思います!


    あっ

    釣れるかどうかはオイラの腕しだい、
    このアシストフックに罪はありませんね。(笑) (^◇^ゞ



    Sponsored Link


    あわせて読みたい関連記事

    2 Responses to “アシストフックを自作する超簡単な方法とは?2つのメリットがある!”

    1. […] ちなみにhttp://fishing510.com/archives/256.html のサイトを参考(というか製品とサイズ以外全く一緒)にさせていただきました。 […]

      • テツロウ テツロウ より:

        > サイトを参考にさせていただきました

        はいはい~ 了解です~
        お役に立てれば幸いですね! (^◇^ゞ

    コメントを残す

    *

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ


    Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0