ダイビングペンシルベイトでダツが釣れました!ルアーに反応が良いのでボウズ釣行を救ってくれます!!


釣り人なら誰もが大嫌いな言葉
それは…「ボウズ」だと思います(笑)(^◇^;)

他には「おでこ」とも言いますね!
他には「ノーフィッシュ」でしょうか?

え… もう聞きたくない?(笑)
でも今回はそれに限りなく近い話です( ̄◇ ̄;)ボウズキライ

Sponsored Link

ダツは青物釣りでの定番ゲストです


先日の青物狙いの釣行時…

オイラが水面をダイビングするように引いてきた
ペンシルベイトにこんなお魚がバイトしてきました!

70cmくらいのダツですっ!
150909datsu_bok02

毎年… 夏が過ぎて海水温度が高くなってきた頃に
青物を狙って地磯にルアーフィッシングに行くと…
よくゲストフィッシュとして釣れちゃいます


ダツと似ているサヨリとの見分け方


ダツって… なんとなく…
サヨリに似ていますね!

魚のサイズがずいぶんと違いますが…

もしかしたら… 大きなサヨリと… 小さなダツ…
2匹並ぶことがあれば見分けに困るかも…?

そこで見分け方の参考になるように
写真を並べてみました


このサヨリは以前に釣れた時の写真です
150909sayori01

サヨリは下あごが極端に長いのですが…
150909sayori02

ダツも若干下あごが長いですが…
上下共が同じくらい長いです
150909datsu_bok01

このたくさん並んだ鋭い歯!
見覚えがある方は
けっこういらっしゃるのではないでしょうか?


Sponsored Link

ダツの特徴


さて…話を釣れたダツに戻しますが…
150909datsu_bok02

70cmのお魚って… 大きい~っ!
っと思っちゃいますが…

体型が細長いお魚ですので…
1キロを超えるようなことはなかなか無いです┐( ̄◇ ̄;)┌


ちなみにダツは…

北海道以外の日本全国で釣れるお魚で
沿岸部の表層付近に生息しています
初夏に産卵期を迎えたダツは藻場に集まり…
卵を海藻に絡みつかせるそうです

けっこうな高速で泳ぎ回り…主に小魚を捕食します
その際はキラキラっと光る小魚のウロコを目印にするそうです
光に突進する “正の走光性” を持っているので…
夜間に海をライトで照らすと飛び付いてくるとも言われています

その性質から… ルアーへの反応は良く
今回のオイラのように青物釣りなどのゲストフィッシュで
釣れちゃう事は珍しくありません

大きさは 最大で1m前後にもなります
ほぼ年中釣れます
専門にねらう人は…聞いた事がありません

なぜなら… 食べられるお魚なのですが
特別美味しいお魚では無いそうです
まず骨が青いそうで…刺身では食欲が湧かない
胴体の前半分は小骨が多く
後ろ半分なら刺身でも食べられるそうです

ギリギリ…カラ揚げや塩焼きでなんとか食べれるレベル…

なんだか… だんだん…
ダツの悪口みたいになってきましたので…
この辺で… (笑)(^◇^;)


ダツのお陰でボウズ逃れ?(笑)


ただ…ダツは 前述したように
ルアーへの反応が良いです

捕食が下手なようで…
バイトしてもヒットしない事も多いですが

今回のオイラのように
何も釣れない~って日でも…

「何も釣れんかったけど… ダツだけ釣れた~っ!」っと
“ボウズだったけどとりあえず魚が釣れた” 事で
釣り人の気持ちをなだめてくれるお魚でもあります┐( ̄◇ ̄;)┌

オイラの様な気持ちになった釣り人は
きっと…少なくないはずです(笑)

狙って釣った訳ではないですが…
オイラのボウズを救ってくれたダツ…

今回も… サッと写真を撮ったら
優しくリリース…

元気に泳いで帰って行きましたよ!

でもいつか…食べてみようかな~!?(^◇^ゞ


Sponsored Link

( ・ิω・ิ)ゞ


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0