釣りの長靴はスパイクが好きです!ウェーダーよりもスパイクブーツを好んで選ぶ理由とは?


今更な感じもしますが…
今年も初売りセールに行ってきました!

お正月のおせち料理を食べながら…
近所のホームセンター「オサダ」のチラシ広告を見ていたら。

最近そろそろ買い替えかな~?っと思っていた、
欲しい!と思っていた釣り道具が安売りになっていました!


そこで…新春営業の初日である1月の2日の午前中に、
速攻で買いに行ってきました!( ̄◇ ̄;)ハツウリ~

Sponsored Link

初売りで買った釣り道具


オイラは毎年初売りで釣り道具を買っています!

お正月って少し気分が大きくなりませんか?
オイラは毎年なっています。(笑)

普段欲しいな~っと思っていながらも、
もう少ししてから買おうかな~?どうしようかな~?

っと思っている物をチラシ広告で見ようものなら、
ついつい…。 ┐( ̄◇ ̄;)┌

そんなこんなで…、
今年も初売りで釣り道具を買いました!

当日オイラが買った釣り道具がこれ!

ダイワのスパイクブーツを買いました!
ネオブーツ NB-3104/3104W(スパイク) L(26.5) です
ダイワ、ブーツ

釣り用のスパイク長靴です!

スパイク長靴を愛用する理由


オイラは地磯で釣りをします、
ヒラスズキなどの釣りもします。

けっこうアクティブに動き回る釣方ですので、
本当はウェーダー等の方が向いているとも思うのですが。

長靴の手軽さが大好きなのです!

脱ぎ履きも簡単ですし、
釣りを終えたら水で簡単に洗えますし、すぐに乾きます。


この手入れのしやすさが、
オイラをウェーダーから遠ざけ…長靴に傾倒させています。


そんな長靴を久しぶりに新調しました!


いろいろと高機能なダイワ ネオブーツ NB-3104W(スパイク)


箱を開けた写真
ダイワ、ブーツ

横にファスナーが付いていて、
脱ぎ履きがしやすくって便利です!

他にも…いろいろと高機能です。

サイドファスナーや最新設計ソールで履き心地の良いスパイクブーツ

■スパイクソール・・・片足30本のスパイクピンを独自パターンで配置し、高次元のグリップ力を追求。

■足にしっかりフィットする形状の新足型を採用すると共に、サイドファスナー搭載で脱ぎ履きラクラク。

■クッション性が高く、履き心地が向上する特殊発泡ゴムを本体に採用。

■独自のパターンで高次元のグリップ力を発揮する最新設計ソールパターン。ラバーブロック面を増やし、総合的なグリップを向上させた。

■カップインソールと新設計カップソールによりフィット感・ホールド感がアップ。

■ふくらはぎが太い人や、防寒服等をブーツにしまい込んで履きたい人におすすめの、ふくらはぎの幅が広い「W(ワイドタイプ)」もラインナップ

ダイワ、ブーツ
ダイワのHPより抜粋しました

ネオブーツ NB-3104/3104W(スパイク)


コレからのオイラの地磯釣行を支えてくれそうです!


オイラはナイキ等のスニーカーでは26.5cmを履きますが
Lサイズで丁度よかったです。


ひとつ気が付きませんでしたが、
この長靴にはW(ワイド)サイズがあったようです。

オイラが買ったのはこのW(ワイド)サイズでした。

靴サイズではなくって、
ふくらはぎ周辺のサイズが少し大きくなっているようです。

オイラは貧弱な体系ですので、
レギュラーサイズが良かったかもです。(笑)

釣りの長靴は靴底にこだわりたい


オイラの釣りの長靴はなんでも良いわけではありません。
靴底をみて選んでいます。

釣りの長靴の底には
  • ラジアル
  • スパイク
  • フェルト
  • フェルトスパイク

っと幾つかの種類があります。

オイラはスパイクの靴底がお気に入りです。
ダイワ、ブーツ

その理由は
ヒラスズキ釣りなどの磯際での釣行が好きなのですが、
たまに岩場に海苔ゴケ(苔)が付着している時があります。

この海苔ゴケはけっこうすべります。

高価なタックルを持ち歩く釣行では、
転倒で竿を折る事もあります。

オイラはいろんな長靴を履きましたが、
スパイクが1番滑らないと感じました。



また地磯に降りるまでに山道を歩くことも少なくありません。

滑りやすい土のぬかるんだ道も、
スパイク長靴なら滑らずに歩けます。


それがオイラがスパイク靴底の長靴を履く理由です。

3000円前後の安価な長靴について


釣りを始めた時に初めて買った長靴は、
3000円前後で買える安価な物を選びました。

この長靴は使えるのか?滑らないの?っと疑問に思いましたが、
十分に使えました!


これは昔履いていた安価な長靴の写真です、
記録が残っていたので紹介します。
磯ブーツ

この安い長靴には欠点もありました!
それは耐久性です。

十分にグリップ力がありますが、
ピンが曲がりやすいです。

やがて1本抜けて2本抜けて…、
最後にはただのゴム長靴になりました。(笑)


また歩いていると底からの突き上げを足の裏に感じますので、
疲れやすいという側面もありました。

靴底の写真(上と下)を比べてみると、
ピンの太さや土台のゴム底の暑さに違いを感じます。




何回使えるのか?
っと言うのは個人差があると思いますが。

オイラは安価な長靴は10回くらい履いて、
処分して… 畑仕事用に変身しました。(笑)

そして新しい長靴(7~8000円くらい)を買いました。


安価な長靴は数回しか磯に釣りに行かない!
っという方には良いかもしれません。

でも…、
  • これから磯での釣りを本格的に始めたい。
  • 磯を左右に歩きたい。
そう思われているのでしたら、
1万円前後の長靴を履くことをオススメしますよ。(^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0