フタ付きの水汲みバッカンを愛用しています!普通に水を汲むと重いので穴をあけて使っています!!


オイラが使っている水汲みバッカンです
水汲みバッカン,穴あけ

写真を見て頂くと分かると思いますが、
メッシュの蓋をファスナーで開閉することが出来ます。

このタイプのバッカンの利点は、水を汲む以外にも、
釣れた魚を活かしておける事にあります。( ̄◇ ̄;)ベンリデス

Sponsored Link

フタ付きの水汲みバッカンを愛用しています


このタイプの水汲みバッカンはとても便利です。

活きアジを使った泳がせ釣りが好きなオイラの釣行では
とっても便利でしてオイラはこのタイプ使い続けています。

もう2代目で…かれこれ4~5年使い続けています。


メッシュのフタ付き水汲みバッカンの欠点


しかしとっても便利なこのバッカンですが…、
欠点もあります。

それはけっこう大きい事です。

ロープを付けて水にドボンっと投げ入れ、
ロープを引っ張って水を汲もうとすると大量に水が入ります。

これをロープで引き上げようとすると、
大量の水がとっても重たいのです。


これって何かの罰ゲームですか?ってくらいです。┐( ̄◇ ̄;)┌


穴をあけて欠点を補おう


そこでオイラはこのバッカンに穴をあけて使用しています。

バッカンの上部に穴をあけて、
水から上げたら水が抜けるように調整するのです。


1代目のバッカンに穴をあけた時は、
火の付いたタバコであけました。

オイラはタバコは吸わないので吸っているお友達に、
火の付いたタバコをジュ~っと当ててあけてもらいました。

しかしそのお友達も禁煙に成功したので、
今回は頼れる友達がいません。(笑)

そこで今回は自分でなんとかする事にしました。


ダイソーの穴あけポンチでバッカンに穴をあけます


そこで今回はこんな物を購入してみました。

ダイソーの穴あけポンチです
ダイソー,ポンチ

2mmと7mmの2本が入って100円です。


この「穴あけポンチ」を使って、
水汲みバッカンに穴をあけてゆきます。


裏の説明書きの写真です。
ダイソー,ポンチ

穴をあけたい素材を厚紙などで挟んで、
更に下に木などの下敷きを敷いて下さいとの事です。



例えば革製品などの服飾や雑貨の類を作るのでしたら、
見た目を重視して丁寧に作業をしたいものですが。

今回は誰の目に触れる訳でもない釣り道具ですので、
ちょっとそこまでする必要も感じませんでした。(^◇^;)


そこで下に木でも敷いて…って下敷きに出来る木すら持っていませんので、
いらなくなった雑誌を敷いて作業をする事にしました。


水汲みバッカンの穴あけ作業開始


まずはバッカンの穴をあけたい箇所に印をつけます。

今回は先が尖ったヤスリで印を付けました。
水汲みバッカン,穴あけ


水汲みバッカンに付けた印の上に「穴あけポンチ」を当てて…、
これから穴をあけて行きます。

水汲みバッカン,ポンチ,穴あけ

金づちでコンコンっと打ち付ければ、
ポロっと穴があきます。

けっこう簡単に穴あけ出来ましたよ。

しかしこの雑誌を敷くというのは後で苦労を招きました。
下の雑誌まで穴あけしてしまうので…
丸く切り取られた紙のゴミが増えてしまいます。




この作業を繰り返して、
自分が必要と思うだけの穴を開けて行きます。

オイラの感覚で…
4つの側面に同じ数だけ開ける事にしました。

とりあえず1面に8個穴をあけました。
これが4面ですので32個の穴をあける計算になります。
水汲みバッカン,ポンチ,穴あけ

これで完成です。

水を汲む時にはこの穴から水がこぼれて、
穴の下の部分だけを汲む事が出来るはずです。


水が重たくって苦労する事は無いはずです。


水汲みバッカンの穴あけの注意点


実際に使ってみて穴が少ないと思ったら、
もう少し増やすかもしれません。

適正な穴の数釣り人それぞれの感覚になると思いますので、
もしやってみようと思った方がいらっしゃいましたら…

最初は少なめに穴をあけて、
実際に試してから増やしてゆくことをオススメします。


初めから穴をあけすぎると、
耐久性にも影響してきますのでそこは注意が必要です。



これで…今度の釣行からは、
水を汲む時に腰が痛くなる事も減ると思います。(^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0