マゴチの合わせのタイミングを覚えたかも!大漁で釣り方が分かった?!ような気がします(笑)



春の~♪ うら~ら~の~♪ 五島の海~♪
ポカポカ陽気な天気が続いてきた五島列島です。( ̄◇ ̄;)ウララカダネ~

世の中はすっかり春ですね!

最近の気温の上昇に、あれだけ嫌だった早起きも、
目覚ましが鳴る直前に目が覚めたりし始めました。

これは早くも…「歳を取ると早起きになる!」の兆候が出だしたのか?
それとも、ただ単に「釣りに行けるから浮かれている!?」のか?

微妙なお年頃のオッサンは、
「とりあえず早朝に釣りに行けるから良しとしよう!」っと
前向きに納得する事にしました。“┐( ̄◇ ̄;)┌”

Sponsored Link

早朝の防波堤でマゴチ釣り

相変わらず前置きが長いですが、(笑)(^◇^;)

今回はそろそろマゴチが釣れるかな~?っと思い、
早朝の防波堤に、ワームでのマゴチ釣りに行ってきました。

海に到着すると結構な風です。

少し横風が強くって、
キャストしたPEラインがブワっと流されるほどでした。

本当は1.5号くらいのおもりで釣りをしたかったのですが。
3号までウエイトアップしました。

さすがに3号のナスおもりを付けたワームなら、
風を切り裂き、狙いのポイントに送りこむ事が出来ました。


キャストと同時にラインメンディングに意識を集中して、
ふけるPEラインをなるべく真っ直ぐにして、
キャストしたワームと釣り人であるオイラを直線で結びます。

糸ふけをなるべく取らずに、ラインを張る。
その理由とは何なんでしょうか?


マゴチの合わせのタイミング

この話はワーム釣りで限定してお話します。
餌釣りではなく、ルアー釣りです。

オイラが過去に釣ったマゴチとのやり取りを思い出すと、
マゴチのアタリは小さい事が多いです。
なので、極力ラインを張るようにして釣りを進めています。


合わせのタイミングも少し独特だと思います。
マゴチとヒラメを比べてみると、
  • ヒラメは上を向いて待ち伏せて、通った魚をバクっと喰う感じ
  • マゴチは落ちた魚を拾って喰うって感じ

そんな違いを感じます。


喰いかたも、
マゴチは少しづつハムハム…っと、喰い進んでいると推測します。
それはアタリがあっても、直ぐに合わせると、乗らない事が多いからです。

海の中を推測すると、こんな感じです。

(釣り人) (マゴチ)
ココンっと小さなアタリがある! マゴチがワームの先端に喰い付
しばらく・・・間がある 少しづつ喰い進んでいる。
グイ~っと持って行く 完全に喰っている!

この始めの前アタリを取るためにラインを張り気味にして、
釣りを進めます、

そして前アタリを取ったら、喰わせの間を取ります。

そして完全に喰わせてから、合わせを入れる!
このタイミングが大切な釣りになります。


当日の釣行

当日もワームでボトムを叩いていると、
ココンっ!っとアタリがありました。

「来たか!?」っと思い、

  1. それまで張っていたPEラインを、竿先を少し前に送り緩めます
  2. しばらく…っと言っても、数秒…3~4秒くらい放置
  3. すると、緩んでいたPEラインがピンッと張り、ティップが少し入り始めます
  4. すかさず、ロッドを大きく起こしクイックに合わせを入れると・・・

(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄ゴゴゴゴン! ̄ ̄~ >゜))))彡

ヒットです!

ズシーンっと重いこの乗り方!
その後の首を振るトルクフルな引き方!

間違いなくあのお魚です。

海面に上がってきたお魚をタモでキャッチ!
やりました!

55cmのマゴチが釣れました!
釣れたマゴチは55cmありました。

オイラの釣果では、マゴチの55cmは最高記録です。
めっちゃ嬉しい釣果なのです!


でも…
今回はその嬉しさは少し半減してしまいました。
なぜでしょうか?

Sponsored Link

自己記録の嬉しさが半減した理由

自己記録の嬉しさが半減した理由
それは・・・

嬉しい事に、
マゴチはその後も釣れ続けたからです。


途中までは1匹づつ、丁寧に写真を撮っていました。
沢山のマゴチが釣れました

でも途中から、写真なんか撮っている場合じゃぁ無いと気がつき、
釣りに専念しました。


結果・・・
なんとマゴチを10匹釣る事が出来たんです!
マゴチ10匹釣れました

しかもアベレージサイズは50cmくらい!
良型のオンパレードでした。

総重量は5kgくらいあったと思います。

55cmの記録魚を釣ったことよりも、
これだけたくさんのマゴチを釣った事のほうが、
明らかに大きな出来事でした。


当日の釣果を振り返る

今回の釣果は、終わってみれば10匹釣る事が出来ました。

しかも、途中で… もうこれ以上釣っても、全部の魚をさばききれない、
っと判断して意図的にストップしての結果です。


これまでのオイラにとってのマゴチ釣りは、
1日… 4~5時間頑張ってなんとか2~3匹釣れるお魚でした。

でもこんな日もあるのですね~っ!
まさかまさかの大爆釣でした。


しかも驚く事に、
半分以上は同じ防波堤の同じポイント(場所)で釣れたんです。

マゴチは群れで移する修正があると言うことでしょうか?

1回の結果で判断するのは違うと思いますが、
今後の釣行の参考にしたいですね!


最後に

これだけ釣ったマゴチですが、
帰宅後はきちんと丁寧にさばき、すでに3匹ほど食べつくしました。

残りも3枚におろし、頭も2つに割り、
1匹づつ袋に入れて冷凍保存しました。

今後は煮物、鍋、アクアパッツァ等の食材になるべく、
冷凍庫にお眠り頂きました。


美味しい料理になったら…
またこのブログでもご紹介してゆきますね。(^◇^ゞ


Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

4 Responses to “マゴチの合わせのタイミングを覚えたかも!大漁で釣り方が分かった?!ような気がします(笑)”

  1. 釣り人京都 より:

    4/29~5/7の間で五島福江島から小値賀島まで旅行を計画しています。
    その間での釣れ物を教えてもらえますか?
    アオリイカ、根魚などを釣って海鮮バーベキューをしたいと思ってます。

    お願いします。

    • テツロウ テツロウ より:

      釣り人京都さん

      はじめまして、
      ようこそ、「釣りブログ!テツロウの五島フィッシング!!」へ(^^)
      当ブログ管理人のテツロウです。

      >4/29~5/7の間で五島福江島から小値賀島まで旅行を・・・

      うらやましいですね~っ!
      私も五島に住んでいながら、他の島にはほとんど行った事がありません。
      是非旅行記を聞かせて頂きたいものです。

      >アオリイカ、根魚などを釣って海鮮バーベキューを・・・

      楽しそうですね!

      ご質問のその間での釣れ物ですが、
      コメントでは語りつくせないくらいに多いのです。

      他にも同じような質問をよく受けますので、
      思い切って記事にしました。

      本日4月4日の夜の11時にアップされますので、
      そちらが答えになります。

      参考にされて下さい。
                     テツロウ

  2. やまG より:

    マゴチ良いですね~
    私も昨年ハゼクラの外道で釣れてそれから本気で狙いだしました。
    ベイトが溜まるピンポイントで釣れますね
    ヒラメはエサを追うらしいですがマゴチは待ち伏せると聞きました。
    五島はマゴチも釣れるんですね~
    また持っていくタックルが増えます(^▽^;)

    • テツロウ テツロウ より:

      やまGさん

      マゴチはここ3~4年、毎年釣っていますが、
      なぜ釣れたのか分からないままでした。

      今回ようやくアタリの取り方が分かった感じです。

      >ベイトが溜まるピンポイントで釣れますね

      そうなんですね!勉強になります。

      >五島はマゴチも釣れるんですね~

      はい!釣れるようです。
      まだ把握出来ていませんが… (笑)(^◇^;)

                     テツロウ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0