春イカをエギングで釣る方法!フォールとステイの変化で大型アオリイカを狙え!

「春の大型のアオリイカを、エギングで釣りたい!」

そう思ってオイラは、暇さえあれば海に通い続け、
昼夜問わず、頑張ってシャクり続けています。“\( ̄◇ ̄;)エイエイ

同じようなアングラー様って、
あんがい多いのではないでしょうか? 



でも春イカと言われる「大型のアオリイカ」って、
なかなか釣れません
よね?



なぜ釣れないのか? それは・・・

  • 大きくなれるイカは、臆病で慎重な性質を持つ
  • 自然の摂理で、絶対的に数が少ない

という理由があるからなんです。



では春イカはエギングでは釣れないのか?
というと、そうではありません。

エギングで釣る方法がちゃんとあるんですよ。



いろんな本で読んだ事、人から聞いた事を織り交ぜながら、
実際にオイラに釣れた経験を統合すると、
春イカを釣る方法には、いくつかの法則が見えてきました。

もちろん、これが全てではありませんが、実際に釣れた方法ですので、
誰かの役に立てるかも?と思い、この記事で紹介したいと思います。



Sponsored Link


エギングで春イカを狙う

オイラが、春イカと呼ばれる大型のイカを釣ったのは、
まだ寒い・・・夕方の防波堤でのことでした。

ちょっと前の釣行ですが、
当日の、お友達2人とオイラ達夫婦2人の、
合計4人での釣行の様子をご覧ください。



防波堤に到着後は・・・

まだ明るい時間から始めましたが、日も傾き、
空が薄暗くなり始めると、頭上の常夜灯ライトが付き、
エギングタイム突入です!

まず、お友達2人にアタリが連発して、
1キロ弱・・・推測で7~800gくらいのイカが連釣しました。



お友達2人のロッドさばきは、“ピュンピュン”っとリズミカルで、
辺りの静寂を吹き飛ばすかのように軽快です。



オイラも続け!とばかりに、マネしてシャクりましたが、
釣れないキャストを繰り返すのみでした。(笑) (´^◇^`)



春イカを釣るための方法

ここでオイラは、少し考えました・・・

周りの皆は、比較的大きいシャクリをしていたので、
少しパターンを変えて誘いを入れることにしようと!

ココからは闇雲にシャクるのではなく、
自分なりに、想像を膨らませて、
それぞれのアクションに意味を持たせたんです。



イメージしたこと

今回の釣行でオイラは、
このエギは「瀕死の状態の魚」だ!
というイメージを持つことにしました。



ビュンビュン!とシャクるような誘いは、

  • 活きの良い海老
  • 逃げ惑う小魚
等を模していますよね!?



ということは、育ち盛りで食欲旺盛、
積極的に餌を追い掛け回して、捕食活動をする、
小~中型のアオリイカには有効です。

しかし、その積極性がゆえに無防備になり、
自らも大型魚などに、捕食される危険もあります。

警戒心が薄いと言われる所以です。




しかし「春イカ」・・・大型のアオリイカは、
そういう危機を乗り越えて活きてきました。

すなわち、臆病で慎重だからこそ、
厳しい自然界で、大きくなれたんです。



そんな春イカの生い立ちを想像すると・・・

春イカは、捕食の際も細心の注意を払い、
自らの安全確保のためにも、無駄な労をせず、
獲物を待ち伏せして捕食していると思うんです。

危険な中層で、むやみに餌を追い掛け回すのではなく、
海底に身を潜めて、弱って「瀕死の状態の魚」を待っている・・・

きっとこんな感じなのではないでしょうか?



春イカが底で待っていると信じて、
このエギは「瀕死の状態の魚」だ!
とイメージしたんです。


Sponsored Link


実際の釣り方

では、どんな釣り方をするのか?

オイラがイメージした「瀕死の状態の魚」、
それをイミテートする為のエギのアクションは、

  1. ボトムを攻める
  2. 動きは小さく
  3. 間を取る

という3つを徹底することでした。

一つ一つ説明していきますね。



1.ボトムを攻める

弱って「瀕死の状態の魚」は、
底に沈んでいくと思います。

そこでエギは、キャスト、シャクり後は、
必ず着低させました。



友達は、テンポの良い大きめのシャクりで、
ボトムから中層を攻め、中型のアオリイカを釣りました。

隣の釣方との違いを明らかにするためにも、
効果的です。



2.動きは小さく

弱って「瀕死の状態の魚」は、
大きく動け(泳げ)ないと思います。

大きく動けないということは、
小さくしか動けないと言う事です。

ロッド操作は、ラインを張り、手首でティップを50cmほど・・・
“チョン” “チョン” っと動かしました。




3.間を取る

弱って「瀕死の状態の魚」は、
動くのが精一杯・・・ほとんど動けないと思います。

瀕死なんだから・・・
体力は無く、もうろうとしているはずです。

なので、一度動かしたエギは、
フォールと言うよりもステイさせる為、
その場に置いておくんです。

時間にして、短くても30秒・・・
長い時には3分ほど、放って置きます。




繰り返した結果・・・

エギをキャストし、着低させたら、
  ↓
手首だけでロッドをチョンチョンっと小さめにシャクり、
  ↓
その後はしっかりとフォール時させ、
  ↓
ステイの間は、30秒~3分と長めに取ります。

つまり、

フォールとステイを徹底したんです。





もし誰かが見てたら「何ボーっと突っ立ってんの?」
と思われそうな釣方です。(笑) (´^◇^`)

しかしオイラは、ボーっと突っ立ちながらも、
ラインに指を掛けてアタリを待ってます。



すると!



ココンっ!っと小さいですが・・・
何かの衝撃が、ラインに掛けた指に伝わりました!

小~中型のアオリイカのアタリは、
エギをスイーっと持って行きます。

でも大型のアオリイカのアタリは逆に小さい事が多く
その場で餌を捕食しているのか?と思うほどです。


アタリを感知しましたが、しっかりと抱かせるために、
すぐに合わせを入れず・・・
10秒くらい間を置いて、少し強めにシャクると




ビシぃぃぃ~っ!!

ギュイーんっ!ギュイーんっ!!


(; ̄◇ ̄)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ 彡:> 乗りました~っ!



一瞬根掛かりか?と間違えるほどの、
ズッシリとした感触がロッドに伝わりました。

そして、次の瞬間・・・「大型魚の引きか?」と思うほどに、
ずドゴーんっ!っとエギを引っ張っていきます。

きつめのドラグでも、ジャ~っとラインが放出されましたが、
ラインブレークが怖いので、増し締めは避けました。

ロッドの竿尻を肘に当てて、ロッドを持った腕を動かし、
竿のしなりと合わせて逆噴射をいなします。

しばらくすると、動きも弱まり、引きが落ち着いたので、
リールを巻いて寄せることが出来ました。



やがて・・・
海面に浮かんだイカを見てビックリです!

オイラに1910gのアオリイカ(ミズイカ)が釣れました~!

1910gの春イカが釣れました

エギが小さく見えるほどの・・・
こんなデっかい“アオリイカ”は初めて釣りました! 

1910gはオイラの記録サイズです!




あまりに嬉しかったので、
ブツ持ち写真撮りました!

春イカの記念撮影です

夢の2kgアップまであと90gでしたが・・・
それは、また今後の目標として取っておくことにします。

今は、この春イカと言われる、
大型のアオリイカが釣れた事を素直に喜びたいですね!

オイラにとっては十分過ぎるほどの、
嬉しい嬉しい価値のある1ハイです!( ̄◇ ̄;)カンシャ



オイラの奥さんの釣果

ちなみに、オイラの奥さんも・・・


スルメイカ (マツイカ)

スルメイカも釣れました


760gのアオリイカ (ミズイカ)

760gの良型アオリイカです

を釣り上げました。



その後1時間くらい続け、
4人で12ハイを釣り上げましたので、
(我々は写真の3ハイ)
今回のエギング釣行は大成功でした!



まとめ

では春イカの釣り方をまとめます。

まず、
  • 春イカは、臆病で慎重な性質を持つ
  • 「瀕死の状態の魚」を待っている

というイメージを持つことと、
その「瀕死の状態の魚」をイミテートする為の、
エギのアクションはフォールとステイの時間を多く取り、

  1. ボトムを攻める
  2. 動きは小さく
  3. 間を取る

という3つを徹底することでした。




でもオイラに、こんなサイズが釣れてくれたことは、
これまでエギングを続けて来たオイラへの、
「エギングの神様のプレゼント」でもあると思います。\(ー◇ー)mカミサマアリガトー

これからもエギングを続けていきますので、まぁ何年後かに、いつかは・・・
2キロアップのアオリイカ(ミズイカ)をプレゼントしてくれるでしょう。(笑)

その日を夢見て・・・
また海に通いたいと思います。(^◇^ゞ

Sponsored Link


あわせて読みたい関連記事

6 Responses to “春イカをエギングで釣る方法!フォールとステイの変化で大型アオリイカを狙え!”

  1. やまG より:

    テツロウさんお久しぶりです。
    あれからもう1年経つんですね。その節は無理してガイドしていただきありがとうございました。お土産のヒラスズキはめちゃくちゃ旨かったです。
    腕もありますが運も悪く釣果には恵まれませんでしたが離島ならではの釣り場巡りができいい経験になりました。
    昨年、山口では5月後半から揚がりだし6月いっぱい楽しめました。今年はヤリイカ狙いの餌巻きスッテで1.2kgのアオリを2月中旬に揚げました。それから毎週のように誰かがキロオーバーを揚げてます。
    今年は早いのか偶然なのか地理的な要因かいろいろ推測できますが幸先のいいスタートになってます。
    今年のGWは山口ですが来年は孫を連れて五島に行こうと計画してます。その時は是非お会いしてリベンジをさせてください。
    また逢う日を楽しみにしております。

    • テツロウ テツロウ より:

      やまGさん

      あいかわらずたくさん釣っていますね~っ!
      羨ましい限りです。(´^ω^`)

      お孫さん・・・
      それはそれはおめでとうございます。

      お孫さんとの時間を優先されてくださいね!(^◇^ゞ

  2. 亮パパ より:

    お久しぶりです、最近結構キロUPのイカ上がってますね〜
    去年まで苦手だった春イカ、今年は動画なんかをかなり見て研究して釣れるようになりました( ^ω^ )
    今シーズンは記録1800とまだテツロウさんに負けてますがこれからが本番なので気合い入れてシャクっていきます( ^ω^ )
    お互い安全第一で楽しい釣りをしましょうね( ^ω^ )

    • テツロウ テツロウ より:

      亮パパさん

      >今シーズンは記録1800と・・・

      1800とはお見事ですね!( ̄◇ ̄;)デカイデスネ
      海面に上がってきた時はビックリしたでしょ?

      春イカは、まだまだこれからがシーズンです。

      私の経験では、夏の7~8月まで釣れ続けますので、
      私もまだまだ通い続けますよ~っ!

      >お互い安全第一で・・・

      はい、ありがとうございます。
      お互いデカいの釣りましょうね~ (^◇^ゞ

  3. 亮パパ より:

    ラインの出かたでまずビビりましたね^_^;
    こりゃでかいって( ^ω^ )
    上がって来てさらにびっくりでした( ^ω^ )
    そうそう、最近品薄の山下のぴょんぴょんサーチがオサダに入荷してたので買って試したらよく釣れました( ^ω^ )まさに今釣ってますけど(笑)
    テツロウさんも是非試して見てください( ^ω^ )

    • テツロウ テツロウ より:

      亮パパさん

      >ラインの出かた・・・

      そうそう!違いますよね~っ
      ドラグ音から違いますもんね!( ̄◇ ̄;)ダイコウフンデスネ

      >最近品薄の山下のぴょんぴょんサーチが・・・

      我が家も欲しいと思って、先日は家内と行った、
      長崎新地のポイントでも売り切れてて・・・
      しばらく買えないと諦めてました。

      オサダに今度行ってみます!
      情報ありがとうございます。\(ー◇ー)m

      あっちなみに・・・家内は2.4kgを釣ってて、
      2kg超えるとまた違うそうですよ~(笑) (^◇^ゞ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Fatal error: Exception thrown without a stack frame in Unknown on line 0